派遣契約の紹介料条項が、派遣社員直雇用の妨げになっている?


 

派遣先、派遣元(派遣会社)間の派遣契約または派遣社員の明示書などで、以下のような項目があっても、労働者派遣法第33条違反で無効となり強制力はありません。
(参考:派遣社員を直接雇用する場合は、派遣会社に手数料を払わなければいけないのか? )

 

・(派遣契約終了後に)派遣先が派遣社員を直雇用したら派遣会社に紹介料/違約金を払う
・派遣契約終了後の派遣先の派遣社員直雇用を禁止
など

 

ただあわよくば紹介料/違約金をもらおうとの考えからなのか、実際にはそのような項目を入れている派遣契約が多くあるようです。

法的に紹介料支払いの拒否は問題は無くても、この項目により派遣先の腰が引けて、直雇用の話が無しになるケースもあるようです。
派遣会社の不当な紹介料強要により、派遣社員の一生に関わる話が台無しになることがあるのだから酷い話です。
(当たり前ですが、派遣会社は派遣社員のその後の雇用を保証はしてくれません。派遣先との契約が更新されなければ登録型派遣は仕事を失います。)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。