リクルートスタッフィングの健康保険料は安くておトク!?


リクルートスタッフィングなど大企業グループに属している派遣会社の健康保険は他より保険料が安いです。
なぜならその大企業グループの健康保険組合に入れるからです。
例えば、リクルートスタッフィングの派遣社員はリクルート健康保険組合に入れるので安いのです。

 

標準報酬月額24万円の場合の被保険者負担額(月額・平成30年度)

月額負担額 主な派遣会社
協会けんぽ 11,880円(4.95%) 中堅系の派遣会社など
はけんけんぽ 11,640円(4.85%) マンパワー、パソナ、テンプ、アデコなどの独立系大手派遣会社
リクルート健保 9,240円(3.85%) リクルートスタッフィング
パナソニック健保 8,424円(3.51%) パーソル パナソニック HRパートナーズ

 

年で計算すると2~4万円違ってきますから、かなり差がありますね
さらにリクルート健康保険組合なら人間ドックが1万円で受けられるなど、大企業の健康保険組合のほうが内容も充実していることが多いようです。
派遣社員なら比較的大企業グループに属しやすいのでその利点を出来れば活かしたいところです。

派遣会社選びの判断基準の1つとして考慮したほうがいいでしょう。
その派遣会社がどういう制度になっているかは「(派遣会社名) + 健康保険」などで検索すれば出てきます。

 

■上記略称の正式名称および保険料情報元ページ

全国健康保険協会(協会けんぽ)

人材派遣健康保険組合(はけんけんぽ)

リクルート健康保険組合(リクルート健保)

パナソニック健康保険組合(パナソニック健保)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。